年齢別診療ガイド|こうすけデンタルクリニックが運営・監修する佐賀の歯科治療ガイド

佐賀の歯科治療ガイドー監修・運営 医療法人 こうすけデンタルクリニックー

  • 年代別治療ガイド
  • 口腔内と身体の関係性
  • 予防の重要性
  • 子供の予防
  • 大人の予防
  • 噛み合わせ
  • 子供の矯正
  • 大人の矯正
  • 口腔内の健康と寿命
  • 有病者歯科
  • 訪問診療
  • 医科・歯科連携について
  • 医院コンセプト
  • 医院案内
  • サイトマップ
  • Web予約

オフィシャル

年齢別診療ガイド

医療法人 こうすけデンタルクリニック >> 年齢別診療ガイド

年齢に合わせたきめ細やかな対応を
~年齢別診療ガイド~

歯科診療では、患者様の年齢に合わせたきめ細やかな対応が必要です。
佐賀の歯科治療ガイドを運営・監修する武雄市の歯医者「こうすけデンタルクリニック」では、その世代ならではのお口の特徴を正しくとらえ、正確な診断と適切な治療を行っています。
こちらのページでは、年齢別に注意したい代表的なリスクや予防のポイントなどについてご紹介します。

年代別に異なる予防のポイント

胎児期(妊娠中のお母様)

胎児期(妊娠中のお母様)

赤ちゃんはお腹の中で、歯の萌芽となる細胞をつくっています。成長を助ける栄養がしっかり取れるよう、バランスのよい食事を心がけましょう。
妊娠中は歯周病のリスクが増し、妊娠性歯周炎になると早産や低体重児出産のリスクが高まってしまいます。それを防ぐために、体調のよいタイミングを見はからって歯科医院で定期検診や予防処置を受けましょう。

新生児期(0~1歳)

新生児期(0~1歳)

生後半年ほどすると、乳歯が顔を出しはじめます。乳歯が生えたタイミングから、虫歯になる可能性があるとお考えください。
親御様やご家族のお口の中に潜む虫歯菌がお子様のお口 に感染してしまうことを防ぐため、歯科医院でクリーニングを受けるなどして大人のお口から細菌を減らしておきましょう。

乳幼児期(1~3歳)

乳幼児期(1~3歳)

乳歯は大人の歯に比べて歯質が柔らかく、虫歯にかかりやすい(虫歯が進行しやすい)という特徴があります。おやつや食事をだらだらと食べていると虫歯のリスクが高まるので、時間を決めて与えるようにしましょう。歯科医院を定期的に受診する習慣をつけ、予防処置を受けて虫歯になりやすい歯を守ってあげましょう。

幼少期(3~6歳)

幼少期(3~6歳)

歯科医院に通う習慣だけでなく、ご自宅では毎食後にブラッシングをする習慣も身につけさせてあげましょう。とはいえ自分ひとりではまだしっかりとみがけないので、親御様の仕上げみがきが必要です。指をしゃぶる、頬杖をつく、唇を噛むなどのクセがあると、歯並びや噛み合わせが乱れる原因となります。気になるクセは早めにやめさせてあげましょう。

少年期(6~15歳)

少年期(6~15歳)

6歳前後になると、最初の永久歯である「6歳臼歯」が生えてきます。「6歳臼歯」はブラッシングがしづらく虫歯になりやすいので、お口の中をチェックしてしっかりみがいてあげてください。この時期には歯だけでなく、全身が大きく成長を遂げます。歯並びの乱れや虫歯などがあると将来的に問題を招く恐れもあるので、予防歯科や矯正歯科に相談し、早めに対処して健やかな成長の土台をつくりましょう。

思春期(15~20歳)

思春期(15~20歳)

永久歯が生えそろい、親知らずが生えはじめる子も出てくる時期です。学業や部活、趣味、習い事などで忙しくなると歯やお口のメンテナンスに時間を割けなくなりがちなので、自分自身で正しいデンタルケアができるように知識をつけさせてあげましょう。もうすぐ大人の仲間入りをする思春期ですが、身体はまだ成長段階です。顎関節症の症状が出る方もいるので、心あたりがあればお早めにご相談ください。

成人期(20~40歳)

成人期(20~40歳)

成長期が終わって迎える成人期では、免疫力の低下にともなって歯周病にかかる方が増えはじめます。ブラッシング時の出血は歯周病のサインですので、放置せずに歯科医院を受診しましょう。喫煙習慣がある方や不規則な生活の方、ストレスを感じることが多い方は歯周病になりやすいので要注意。妊娠を考えている方は、歯科医院で一度検査を受けることをおすすめします。

壮年期(40~60歳)

壮年期(40~60歳)

この時期にどれくらい正しいケアを行ったかによって、歯の寿命は大きく変わってきます。予防歯科を定期的に受診し、毎日のホームケアと数ヶ月に1回のプロケアを並行しながら歯の健康維持に努めましょう。また、40~60歳は歯の黄ばみが増えてくる年齢でもあります。気になる方は審美歯科治療やホワイトニング、歯のクリーニングをご活用ください。

老年期(60歳以上)

老年期(60歳以上)

自分の歯を失ってしまった場合は、歯の機能を補うためにインプラントや入れ歯、ブリッジなどを用いた補綴(ほてつ)治療が必要です。質のよい補綴治療によってストレスなく「噛む」「話す」といった行為をできるようにし、QOL(クオリティ・オブ・ライフ=生活の質)の維持・向上を図りましょう。28本のうち、80歳の時点で20本の歯を残せるよう、予防歯科・高齢者歯科の受診を続けてください。

Copyright © こうすけデンタルクリニック All Rights Reserved.