口腔内の健康と寿命|こうすけデンタルクリニックが運営・監修する佐賀の歯科治療ガイド

佐賀の歯科治療ガイドー監修・運営 医療法人 こうすけデンタルクリニックー

  • 年代別治療ガイド
  • 口腔内と身体の関係性
  • 予防の重要性
  • 子供の予防
  • 大人の予防
  • 噛み合わせ
  • 子供の矯正
  • 大人の矯正
  • 口腔内の健康と寿命
  • 有病者歯科
  • 訪問診療
  • 医科・歯科連携について
  • 医院コンセプト
  • 医院案内
  • サイトマップ
  • Web予約

オフィシャル

口腔内の健康と寿命

医療法人 こうすけデンタルクリニック >> 口腔内の健康と寿命

健やかな心身を保つための口腔ケア

高齢者が生活を楽しむためには、健やかな心身を保つことが大切です。とくに重要なのが、「全身の健康の入り口」とも言われるお口の健康です。自分の歯で毎日しっかりと噛めるよう、口腔管理に努めましょう。バランスの取れた食事は免疫力を高め、料理の「おいしさ」や食事の席での「おしゃべり」は、高齢者に生きがいや楽しみをもたらします。

適切な口腔ケアは、介護予防の第一歩。佐賀の歯科治療ガイドを運営・監修する武雄市の歯医者「こうすけデンタルクリニック」では、有病者歯科や訪問診療などにも対応し、高齢者の方の口腔ケアをプロの目線でしっかりサポートいたします。

歯と身体の健康

高齢で寝たきりになってしまった患者様は、食べることができなくなると一気に心身が衰弱します。逆に噛むことができるようになれば、それまで反応の少なかった方にも生気がよみがえり、反応が見られるようになるケースも少なくありません。

「噛む」という動作によって脳の血管が拡張し、血流が促されて脳に栄養素が運ばれやすくなるので、認知症の予防につながります。噛むことにより、老化防止に効果があるとされる「パロチン」という成分の分泌も促されます。唾液の分泌量も増えるので、効率的な消化にも虫歯や歯周病予防にも効果的です。

歯を1本でも失うと、硬いものをしっかりと噛んで食べられなくなります。そして正しい発音が難しくなり、歯や口もとがいつも気になります。そうなると、食事や会話が楽しめなくなり、心身の健康が損なわれることにつながりかねません。歯やお口の健康は、全身の健康に深くかかわっているのです。

高齢者の口腔内環境の特徴

高齢者のお口の中には、若い世代とは違う特徴がいくつもあります。これらの特徴をふまえた口腔ケアを実践していくことが大切です。

治療痕が多い
高齢者は虫歯や歯周病の治療を受けた経験が多く、詰めものや被せもの、入れ歯を使用しているケースが多く見られます。
唾液が少ない
加齢や内服薬の副作用の影響で、唾液の分泌量が減少します。それによって口腔内が乾燥すると、飲み込みや発声などの口腔機能が十分に働かないことがあります。細菌を洗い流す自浄作用もあまり働きません。
食べかすが残りやすい
唾液が少なくなっている中で、きざみ食やとろみをつけた食事を食べる方が多くいらっしゃいます。そうすると歯と歯の間などに食べかすが残りやすくなり、口腔内環境が悪化しがちです。
抵抗力が低い
加齢によって抵抗力が落ちており、歯周病や粘膜疾患(口内炎や義歯性腫瘍など)にかかりやすくなります。

高齢者の歯科治療

高齢者の死亡原因の上位に常にランクインしているのが「肺炎」です。もちろん抵抗力が低下するせいで若い世代に比べて感染症にかかりやすいのは確かですが、実はお口の中の細菌による肺炎が多くみられます。食べものが誤って気管に入り込み(これを「誤嚥:ごえん」といいます)、そこに付着した歯周病菌などが引き起こすのが誤嚥性肺炎です。

日本人の平均寿命は世界一ですが、亡くなるそのときまで健康で豊かな生活を送れている方は限られます。健康な身体を維持するためにも、日常の生活を楽しむためにも、あらためて「口腔ケア」の重要性に目を向けていくべきではないでしょうか。

高齢者は、合わない入れ歯の痛みや歯がない状態を我慢しがちです。お口の中のお手入れを、自分では思うようにできない方もいらっしゃるでしょう。ご家族や身近なところにそういった高齢者の方がいたら、周囲の方が気をつけて観察し、定期的に歯科医師の診療や口腔ケアが受けられるよう助けてあげましょう。当院ではお身体が不自由な方のために、訪問診療も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

Copyright © こうすけデンタルクリニック All Rights Reserved.